ドクター

下肢静脈瘤は早めの治療を【すぐ医師に相談しよう】

脳の組織に浸潤する

病院

脳腫瘍は悪性腫瘍と良性の腫瘍に分けられます。悪性の腫瘍は脳の組織に浸潤しながら大きくなりますので、手術により取り除かなくてはなりません。最近はガンマナイフやサイバーナイフなどの放射線による治療が広がっています。

もっと読む

年齢を重ねると

脚

女性ホルモンの仕組み

更年期障害とは、卵巣機能が低下して女性ホルモンの量が徐々に減少していくことで体内バランスの乱れが生じる症状のことです。平均では女性の50歳前後に訪れると言われており、自律神経失調とホルモンバランスの精神症状が相互に関係しあって起こる体の不具合です。月経周期が不規則になると卵巣機能が減退してきます。加齢を伴う卵巣機能低下によって、エストロゲンの分泌が低下します。エストロゲンとは女性ホルモンのことです。このエストロゲンを増やすために脳下垂体が活性化して卵巣刺激ホルモンを大量に分泌します。すると自律神経をつかさどる脳視床が影響を受けてホルモンバランスの乱れが生じます。また近年では男性や20代の若い女性にも若年性更年期の症状が増えています。

ホルモンバランスの大切さ

ホルモンバランスが乱れると、様々な症状が出ます。更年期障害の初期に現れやすいのは、不眠やうつ状態、物忘れなどです。ですがこういった症状は疲れやストレスからでも起こるので本人は気が付かないで放置するケースが多くあります。中期になると目まいやほてりなど強く感じるようになり、身体的な症状が出てきます。後期になると女性らしさが失われ美的障害が目立ち、骨粗鬆症や高脂血症、コレステロール低下などの可能性が高くなります。更年期障害の治療は婦人科や内科といった医療機関でカウンセリングや血液検査などにより症状に応じた治療を行います。更年期障害では他の病気と類似しているものもあり、リウマチや甲状腺機能低下などは更年期障害の症状と思い込みやすいので注意が必要です。治療方法は漢方薬やホルモン補充療法など主とします。更年期症状は本人の意思ではコントロールできないものもあるので、ほてりや動悸などつらかったら、我慢せずに相談して治療しましょう。

また、年齢を重ねると、下肢静脈瘤になってしまう人も多くなります。というのも、年齢を重ねるごとに血の流れが悪くなり、老廃物が血管中に留まりやすくなってしまうのです。下肢静脈瘤を治療する際には、手術を必要とする場合や、保存療法で済む場合など、様々なパターンがあります。もちろん自分で判断することは難しいので、下肢静脈瘤の疑いがある場合も病院に行って医師に相談するようにしましょう。治療してくれるだけでなく、日常生活から下肢静脈瘤を予防する方法も教えてくれます。

特徴と治療法

病院

脳動静脈奇形は赤ちゃんの時に身体が創られる段階で血管が以上発達した先天的な以上の病気です。放置しておくと血管の圧力に静脈が耐え切れず重大な病気を発症する可能性があるので、できるだけ早く治療することが必要です。治療法は主に手術になります。

もっと読む

免疫機能を用いた治療方法

ナース

主に、がんの治療方法として採用され周知されつつあるのが「免疫療法」です。副作用の心配がほぼ無いことや、がん細胞のみへの攻撃、転移・進行性のがんにも適応・人間が元々有する免疫機能を利用すると言った特徴が挙げられます。免疫療法には2通りの治療方法あり、双方を併用することでより高い効果が期待出来ます。

もっと読む