医師

下肢静脈瘤は早めの治療を【すぐ医師に相談しよう】

免疫機能を用いた治療方法

ナース

人が元々有する免疫機能

新しい治療方法として、ここ数年注目を集めているのが「免疫療法」です。特に、がんの治療方法として採用されたり、広く知られつつある傾向にあります。これまで行なわれてきたがん治療としては、外科手術による治療や放射線治療、抗がん剤などを用いた化学治療が代表的な方法であり、これらは総称「三大がん治療」と呼ばれています。免疫療法は、がん治療における第四のがん治療方法として注目を浴びているのです。免疫療法は、三大がん治療とは異なり、人間が元々持っている免疫力(免疫細胞)などの免疫機能を利用して治療を行なうと言った特徴があります。更に、副作用がほぼ見られない・がん細胞だけに攻撃する・転移や進行性のがんにも適応可能と言う特徴が挙げられます。以前は、免疫機能を強化してがんと戦うと言う方法が主流でしたが、1990年代以降になると、特異的ながん免疫療法の採用が増加するなど発展を遂げています。

治療方法の種類とメリット

免疫療法には、免疫細胞機能を向上させることによって、がんへの攻撃力を強化する治療方法と、免疫細胞が異物(がん細胞など)を識別したり認識する機能を抑制させる分子の作用を防ぐ治療方法の2通りが挙げられます。双方の治療方法は、併用することで高い効果が期待出来ると言われています。尚、アレルギーを有する体質の人が免疫療法を行なった場合には、免疫機能が活性化されることもあって症状が改善に向かう場合が多々みられると言うメリットがあります。三大がん治療を用いた治療が困難な際でも、免疫療法は受けることが可能です。自由診療や民間療法であるケースも多く、治療費が高額になってしまう場合もあるため、事前に確認しておくことが推奨されています。