医師

下肢静脈瘤は早めの治療を【すぐ医師に相談しよう】

特徴と治療法

病院

脳動静脈奇形は脳の中の動脈と静脈が毛細血管を介さずにつながってしまっている病気です。通常は動脈と静脈は毛細血管を介して徐々に血圧が落ちていくのですが、脳動静脈奇形は直接血圧が高いままで血液が静脈に流れてしまうのが特徴です。若い人の脳出血を引き起こす原因となることが多い病気でもあります。この病気は後天的に発生するのではなく、胎児のときに身体が創られていく過程において、血管が異常に発達した場合に発症する先天的な疾患です。このため、年齢を経過してから発症するというわけではなく、発症する場合は生まれた時から発症しています。しかし、症状が現れなければ特に普段は普通の人と変わらないので長い間気づかないことが多いのも特徴です。

脳動静脈奇形は頭の中に時限爆弾や地雷を設置されているようなもので、放置しておくと何らかのきっかけによって血管が破れてしまい、脳出血やくも膜下終結などの重篤な病気を引き起こしてしまいます。脳動静脈奇形は時間の経過によって自然消滅するということはありません。病気が見つかった場合は時期を見てできるだけ早く治療することがカギとなります。脳動静脈奇形に対して薬物治療を行うことはできないので、出血を起こしてしまった場合でも、取穴を起こす前に治療する場合においても手術による治療が主流になります。脳動静脈奇形は脳細胞に栄養をいきわたらせる役割とは全く無関係なので、奇形の場所を確認し、開頭して奇形部分を切除します。