医師

下肢静脈瘤は早めの治療を【すぐ医師に相談しよう】

脳の組織に浸潤する

病院

悪性と良性

頭の中にできる腫瘍を脳腫瘍といいます。脳の組織自体から発生する腫瘍を原発性脳腫瘍、体のほかの臓器から転移して脳の組織にできた腫瘍を転移性脳腫瘍と呼んでいます。そのほかにも悪性と良性という分け方がされています。良性の腫瘍は大きくなってくると脳のほかの細胞を圧迫してしまい、場所により脳に重い症状を起こしてしまうことがありますが、脳へ浸潤することはありませんので摘出することができれば完治することも可能になっています。悪性腫瘍は脳の組織に浸潤しながら大きくなる特徴を持っていて、外科的な手術で取り除く方法もありますが後遺症を残さず行うには、細心の注意と技術が必要になってきます。治療は患者の生活に配慮しながら腫瘍を手術で摘出して、放射線療法を行うのが一般的になっています。

放射線での治療

脳腫瘍は外科手術や放射線療法、化学療法を組み合わせた治療が行われています。最近では放射線の線源をヘルメットのような形状に並べて、その中に頭部を正確に固定して病変部にガンマ線をピンポイントで照射して治療を行う放射線治療装置を使用した、ガンマナイフやサイバーナイフなどの定位放射線治療が広がってきています。この治療法は脳の正常な細胞への線量を極端に少なくして、病変部に可能な限り多くの線量をかけることが可能になってきており、転移性の脳腫瘍にも効果が上がってきています。また身体麻痺などの後遺症も少なくなってきています。手術でできるだけ腫瘍を取り除き放射線を当てることで、正常な生活ができるような努力がされています。